みなさん、こんにちは!

2019バージョンのSubstancePainterで作成されたこのチュートリアルでは、同様の3Dモデルで使用するために、「スマートマテリアル」オブジェクトのレイヤーのグループをグループ化し、このオブジェクトをシェルフに保存する方法を説明します。 サブスタンスの次のセッションで。

このチュートリアルでは、以前にYouTubeチャンネルの「SubstancePainter」プレイリストで公開したビデオチュートリアルでカバーされている情報を当然のことと見なします。 あなたがSubstancePainterを初めて使用する場合は、そのプレイリストのビデオを、そこに表示されている順序で確認することをお勧めします。

このチュートリアルで使用されるプロジェクト

PBR-Metallic Roughness(Allegorithmic)テンプレートとその他の設定をデフォルトとして使用して、Substanceプロジェクトを作成しました。特に、ギフトパッケージの3Dモデル(実際のパッケージと弓の2つのコンポーネントを識別できます)をインポートしました。 1つの3Dオブジェクトと2つのテクスチャセット(または:2つのマテリアル)。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 01

「パッケージ+弓」の組み合わせのさまざまなバージョンを作成して、それらを異なる3Dモデルに適用することができるため、Substanceで2つの優れたマテリアルを定義し、この組み合わせを保存して、他のプロジェクトですぐに再開できるようにすることは理にかなっています。 出発点があります...まあ、それは私たちがこのチュートリアルでやろうとしていることです!

私のSubstancePainterチュートリアルのほとんどとは異なり、このチュートリアルで使用されているアセット(3Dモデルおよびその他のアセット)は無料では利用できません。 ただし、これらのモデルで操作を複製する必要はなく、チュートリアルを見て学習することができます。

私たちはプロジェクトの材料を定義します

まず、「ribbon_bow」テクスチャセットを選択した状態で、弓のマテリアルを定義します。 この場合、Substanceの「SilkSmooth Red」マテリアルを使用しており、[プロパティ]-[塗りつぶし]タブでスケールを3に設定し、[プロパティ]-[塗りつぶし]-[マテリアル]の[詳細パラメータ]セクションで、色をRGBに設定しています。 0.57、0.52および0.49。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 02

[レイヤー]タブで、「ribbon_bow」テクスチャセットにパッケージのマテリアルを追加します。 私の場合、段ボール紙の素材を追加し、素材のスケールを3に設定し、色をRGB 0.23、0.22、0.31に変更しています。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 03

したがって、両方のマテリアルに完全に黒いマスクを追加します([レイヤー]タブのマテリアルを右クリックして[黒いマスクを追加]を選択します)。 マテリアルをグループ化してシェルフに永続的に保存したいので、これを行っています。2つのレベルを「非アクティブ化」して、別のテクスチャセットリストにインポートするときに、マスクを最初から設定できます。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 04

グループとスマートマテリアルの作成

複数の選択肢があるレイヤーで両方のマテリアルを選択し(左クリックで最初のレイヤーを選択し、Shiftキーを押しながら、選択に追加する他のレイヤーを左クリックします)、右クリックして[レイヤーのグループ化](ショートカット: Ctrl G)を押して、フォルダ内のレベルをグループ化します。フォルダのデフォルト名は「フォルダ1」です。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 05

フォルダの名前をダブルクリックすると、たとえば「gift_bag_and_ribbon」(後で資料を簡単に見つけるための意味のある名前)で名前を変更できます。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 06

この時点で、フォルダを右クリックし、画面に表示されるメニューから「スマートマテリアルの作成」を選択します。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 07

Substance Painterは、シェルフの[スマートマテリアル]タブを開き、作成したばかりのオブジェクトを強調表示します。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 08

カスタマイズされたスマートマテリアルを管理する

このオブジェクトは、このグループの他のオブジェクトと一緒に、Substanceの次のセッションで使用できるようになりますが、注意してください。Substanceの「ネイティブ」スマートマテリアルは、の「リソース/シェルフ/寓話/スマートマテリアル」サブフォルダーに格納されます。 プログラム(インストール中にデフォルトのパスを残した場合、通常は「プログラム/ Allegorithmic」にあります)、「CreateSmartMaterial」で定義されたスマートマテリアルは「[username] / Documents / Allegorithmic / サブスタンスペインター/シェルフ/スマートマテリアル」(つまり、ユーザーのドキュメント内)。

バックアップの目的で、またはカスタマイズされたスマートマテリアルをコピー/送信するためにこれを知っておくのは良いことです:今、あなたはそれを探す場所を知っています!

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 09

注:リストとディスクの両方からスマートマテリアルを削除するには、たとえば、より良いバージョンを作成したため、または単にリストを並べ替える場合は、要素を右クリックして[削除]を選択します。 画面に表示されるメニューの[名前]ボックスを右クリックして新しい名前を入力することで、スマートマテリアルの名前を変更することもできます。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 10

スマートマテリアルのトピックは実際には広大であり、スマートマテリアルは非常に強力なツールです。 このチュートリアルでは、それらの非常に基本的な使用法を確認しています(実際、レイヤーとマスクのグループを保存するためにそれらを使用しているだけです)。 他のチュートリアルでは、マスク、フィルター、その他の興味深い効果でスマートマテリアルを使用する方法を示しますが、ここでは、このチュートリアルのトピックに焦点を当てましょう。

別のプロジェクトでスマートマテリアルを使用する

現在のプロジェクトを保存せずに、別のFBXファイル(この例では、ギフトパッケージの小さいバージョン)を使用して新しいSubstanceプロジェクトを作成しています。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 11

各テクスチャセットの[レイヤー]タブからデフォルトで存在するレイヤーを削除します(この場合も、オブジェクトには「paper_bag」と「ribbon_bow」という2つのマテリアルがあります)。 しかし、パッケージや弓の材料を探し始める代わりに、プロジェクトに適したいくつかの設定で材料のグループを以前に定義したことを覚えているので、[スマート材料]タブを開いて「リボン」を書き始めます。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 12

この時点で、スマートマテリアルを2つのテクスチャセットの[レイヤー]タブにドラッグし、マスクを使用して(特に、各テクスチャセットに使用するマテリアルのマスクを白に設定することにより)、適用できます。 各テクスチャセットに興味のある素材。

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 13

SP 2019 20191028 005 Salvare un gruppo di Layers con Create Smart Material 14

まとめ..。

この場合に示した例はやや些細なものですが(スマートマテリアルは、はるかに興味深いマテリアルを定義できるツールです)、基本的な概念は依然として注目に値します。要素のグループ化(レイヤー、塗りつぶしレイヤー、マテリアルなど)。 マスクまたは他の効果を備えた)フォルダーまたはネストされたフォルダーのグループで、このグループを「スマートマテリアルの作成」で保存し、後で他のプロジェクトでこのグループを取得します。

さて、このチュートリアルは以上です! いつものように、Youtubeのビデオへのコメントで疑問、質問、または説明の要求を表明することをお勧めします!

また近いうちにお会いしましょう!