このチュートリアルで使用される3Dモデル:

みなさん、こんにちは!

これは、Blender2.92のGeometryNodesモディファイヤに関する2つの紹介ビデオチュートリアルの2番目です。

前のチュートリアルでは、Geometryグループのノードを調べました(つまり、モディファイヤ内のジオメトリを変更およびマージするための変換と結合)。モディファイアタブでパラメータを指定するためにグループ入力用の入力ソケットを作成する機能、および数学演算を実行して情報を組み合わせるためのいくつかのベクトルノードとユーティリティノード(特にMath)の使用。

このビデオでは、ジオメトリノードのさまざまな使用法を紹介します。これは、ジオメトリノードを「散乱」、つまり他の表面上のオブジェクトのインスタンスの分布のパーティクルシステムとして使用するためです。ただし、このミニシリーズの最初のビデオチュートリアルで取り上げたすべてのトピックがここで役立ちます。