私の名前はフランシスコ・ミラネーゼです。私は3次元コンピュータグラフィックス愛好家です。

私は2010年から BFCT (Blender Foundation Certified Trainer) であり、2011年にカターニア大学(イタリア)でコンピュータサイエンスの修士号を取得しました。私の主な技術はBlender 3D、3ds Max、GIMP、Substance Painter、Unity、Python というプログラミング言語です(特にBlender 3Dのスクリプトとアドオンの開発)。

私の「Stock」3D モデルはアーティスト、建築家、ゲームデザイナーなどにより、芸術、製品撮影のプレゼンテーション画像、建築用レンダリング、ビデオゲーム、そして、一般的に、2D / 3Dグラフィックスを使ったアプリケーションを開発するために使用されています

アーティスト、建築家、ゲーム開発者、そしてその他のクリエイティブな人々のアイデアを「実現する」ために必要なリソースを提供し、彼らを助けられるようなことを考えるのが好きです。

 

このウェブサイトはプロモーション目的なしで私が作成した3Dモデルのいくつかを示すことを唯一の目的としています。 私は、どんな種類のカスタム作品、コンサルタント、または他の作品コラボレーションのための要求も探していません(そして私は受け入れません)。

自分が作った3Dモデルはすべてポリゴンメッシュを使用しており、次のような特徴を持っています:

  • 即時に 使用する準備ができている: モデリングソフトウェア、レンダリング、ゲームエンジン(ビデオゲーム、仮想現実 / 拡張現実のアプリケーション、および一般的にリアルタイムアプリケーション)で使用できるようになったポータブルファイル形式で提供されます;
  •  一貫している : 測定の単位、ディメンション 、そしてレンダリングの段階で側面において一貫しています。それは、物理ベースレンダリングのパラダイムに従って作成されたテクスチャによるものです;
  •  簡単にカスタマイズできる: モデルは、UVレイアウト画像(オーバーラップなし)とプレビュー画像の作成に使用されるPBRテクスチャで提供されるため、簡単にカスタマイズできます;
  • 簡単に変更できる: 他の3Dモデリングソフトウェアで変更するのに適した幾何学的特性を持っています;
  • リアルタイムプレビュー: CGTraderSketchfabの両方においてリアルタイムプレビューで表示できます。

更に、私は、 Adobe Dimension のために様々な3Dモデル を作り、自分のモデルを使って Stock Images のサイトに公開されている画像(レンダリング)をいくつか作りました。

本活動の最新情報にご興味がありましたら CGTrader でフォロー してください。


即時に使用する準備ができている3Dモデル:ポータブル、交換フォーマット、およびマルチエンジン・テクスチャパック(Multi Engine Texture Pack)付き
3Dモデルには、交換フォーマットのFBXとOBJファイル形式と3D BlenderモデルのBLENDファイル形式で提供されています。さらに、プレゼンテーションレンダリングに使用されるCyclesエンジン用のテクスチャも備えています。

特にFBX とOBJファイル形式はポータブルフォーマットです:それらはほとんどすべての3Dモデリング、アニメーションとレンダリングソフトウェア、そして多くのゲームエンジン(UnityやUnrealなど)にインポートすることが可能です。

3Dモデルには、以下のレンダリングおよびゲームエンジンの素材のために、モデルのジオメトリへのUVマッピングやテクスチャ画像を含むマルチエンジン・テクスチャパック、というテクスチャアーカイブが付属しています::

  • Blender 3D用のCycles (ベースカラー、オクルージョン/閉塞 + ラフネス/粗さ + メタリック + アルファ、法線);
  • 3ds Max用のVray (拡散色、反射、反射光沢、法線)
  • Unity 5 スタンダード・メタリック(アルベド + 透明度、メタリック + スムースネス、法線);
  • Unreal エンジン4 ジェネリック(拡散色 + 不透明度、スペキュラ、グロス/光沢、法線、高さ);
  • PBR反射/光沢ワークフロー ,ジェネリック(拡散色 + 不透明度、スペキュラ、グロス/光沢、法線、高さ);
  • PBRメタリック/粗さワークフロー ,ジェネリック(ベースカラー + 不透明度、ラフネス/粗さ、メタリック、法線、高さ)

このようにFBXまたはOBJファイル形式をソフトウェアにインポートしたり、必要に応じて、プレゼンテーションレンダリングと同じ外観、マルチエンジン・テクスチャパックに含まれるPBRテクスチャを再作成して、3Dモデルをテクスチャ化したりできます。

マルチエンジン・テクスチャパックのテクスチャを使用して、様々なレンダリングエンジンでPBRマテリアルを再現するためのご紹介


一貫した3Dモデル:均一スケール、実寸、パック内のPBRテクスチャ

3Dモデルは、Blenderのシーンのスケールをセンチメートル(つまり、 “units: meter”、con “Factor: 0.01”)で、可能な限り実世界のオブジェクトの寸法で作成しました。回転とスケール変換が適用され、オブジェクトのピボットポイント(“「ピボットポイント」”または“「原点」”)がシーンの中央に配置された状態で、それらはFBXおよびOBJ形式でエクスポートされました。

つまり、3ds Max、Unity、Unrealなどのソフトウェアにインポートされたモデルは、サイズを変更したり、回転させたりすることなく、サイズを統一してシーンに簡単に統合できます。 またはピボットポイントを移動してそれらを配置します。

PBRマテリアルとテクスチャの存在のおかげで、シーンの要素のレンダリング(静的およびリアルタイムの両方)は物理ベースのパラダイムに従って行われるため、コヒーレンスはオブジェクトの最終的な側面にも関係します。


簡単にカスタマイズ可能な3Dモデル:UVレイアウトとPBRテクスチャ(Substance Painter用など)

3DモデルはすべてオーバーラップなしのUVレイアウト(2048 x 2048の解像度で、テクスチャと共にPNG画像の形式で提供される)を持っているので、新しいマテリアルを作成したり、さまざまなソフトウェア(例をいくつか挙げると、GIMPからSubstance Painterへ)を使用してロゴやその他の効果を適用できます。

更に、Substance PainterまたはMarmosetビューア、プレゼンテーションのレンダリングに使用されるPBR素材を再作成することもできます。マルチエンジン・テクスチャパックというアーカイブの中に実際には、PBRスペキュラ(反射)とPBRメタリックのワークフロー用にマッピングされた個々のUVテクスチャがあるので、それらを例えばSubstance Painterにインポートし、それらを使用して基本マテリアルを再作成して修正できます。


簡単に変更可能な3Dモデル:四角形のみ、極なし、したがって彫刻や他の修飾子の使用に適当

3Dモデルは、四角形の面 (「四角形のみ」(quads-only)なので「N多角形」(ngon)がありません)のみを使用し、「極」(poles)を使用しないで提供されるジオメトリで実現されています。

これにより、N多角形や極がないため、表面にひだ、しわ、その他の歪みが生じるのを防ぐので、標準的なモデリングツール(四角形の面の流れときれいなトポロジをたどる)と細分化(Subsurf)または彫刻(Sculpting)の両方でモデルを簡単に編集可能にします。


3Dモデルのリアルタイムプレビュー:CGTraderとSketchfabのMarmosetビューア

3DモデルはCGTraderの3Dリアルタイムプレビュー(サイトに統合されたMarmosetビューアのおかげで)とSketchfabのセラースポットライトというシリーズの最初の記事で私のインタビュー(英語バージョンのみ)を読むにはここをクリックしてください。

Sketchfabのセラースポットライトというシリーズの最初の記事で私のインタビュー(英語バージョンのみ)を読むにはここをクリックしてください。



3Dモデルでストック画像のレンダリングを作成する

3Dモデルはサイズと外観の両面で一貫している(マテリアルとPBRテクスチャによる)ため、シーンをすばやく作成したり、ストックイメージサイトでも販売できるレンダリングイメージを作成したりするために使用できます。

特にBlender 3Dでは、プログラムの「アペンド」機能を使用して、サイクルレンダリングエンジン用のPBRテクスチャとマテリアルを含む3Dモデルをシーン内に挿入し、パッケージ内のBLENDファイルからそれらを取得するだけで十分です。 マテリアルのテクスチャはBLENDファイルに「パック」されているからです。

たとえば、Blender 3Dの3Dモデル("風力タービン", "スタンド上のソーラーパネル", "草雑草モジュール – 1")を使用して、 Shutterstockおよび Getty Images で公開されているテーマ「再生可能エネルギー」の画像を作成しました:

3D rendering illustration of solar panels and wind turbines on a grass field by Francesco Milanese on Shutterstock

以下は私のストック画像プロフィールへのリンクです:


最新の状態に保つには:CGTraderまたはSketchfabで私のプロフィールを購読

私の3Dモデルは CGTraderSketchfab で利用できます。両方のサイトで、本活動の最新情報にご興味がありましたら私をフォローすることができます。特に、発行された新しい3Dモデルごとに通知を受け取るには、(サイトに登録した後で) CGTrader または Sketchfab のプロフィールページの「フォロー」ボタンをクリックする必要があります。

CGTraderの私のプロフィール ボタンをクリックすることにより、直接に私に連絡することができます。


[英語から日本語に翻訳されました]

『年間を通して、Francescoは私達のクライアントにかなりの数のリクエストの手助けしてくれました。彼は中級デザイナーとしてスタートし、彼の新しい仕事で自分自身を最新の状態に保ちました。彼の最大の目標は、クライアントの能力を向上させることです。彼は間違いなくもう少し進んで助けてくれるでしょう。 あなたが信頼できて献身的な人を探しているとき、おすすめします。』

事業開発マネージャー@ CGTraderのLukas Stankevicius氏